インタビュー

2017年入社 建材部鋼材課

しぶとく通い続けた2年間

何度も何度もお客様のもとへ足を運び、初めて新規取引を成立させたときの喜びは忘れられません。

メッセージ

芝本産業は若いうちから活躍の場を与えてくれます。
就職活動中は老舗商社と聞いて、少し古臭いイメージを持っていましたが、実際に若手の先輩社員たちが活躍している話を聞き、私もその一人になりたいと思ったのが入社のきっかけでした。入社後は研修・OJTを経て半年で多くのお客様を担当させてもらった他、商売を拡げるべく新規開拓も任されるようになりました。
しかし、新しく取引を開始するまでの道のりは一筋縄ではいかず数日前に話したことが白紙になるということもあります。なかなか上手くいかない日が続き、お客様との信頼関係はそう簡単に築けないことを痛感しましたが、くじけることなく何度も通い続けました。その上で、お客様からの質問や求めていることにスピード感を持って対応するなどの努力を重ねた結果、なんとか新規取引へと繋げることができました。
また、これで一安心とはいかず、担当の方が異動となり、一から関係を構築しなくてはならなくなったという苦労もありましたが、こうしたことも自分の力で克服したときは喜びもひとしおです。もちろん、これらは私一人で成し遂げたものではなく、上司や先輩、同期の支えがあったからだと私は考えています。
今はまだ、上司や先輩、お客様から教えて頂くことが多いですが、若いうちに沢山のことを吸収し、ゆくゆくは社内外問わず頼られるオールラウンドな営業マンになりたいです。

2018年入社 事業開発部

チャレンジできるやりがい

新人のうちから事務から営業まで幅広い業務を経験、
チームの一員である喜びと自分の成長を実感しています。

メッセージ

私は大学時代英文科で英文学の勉強をしており、このスキルを生かした仕事に携わりたいと考え就職活動をしていました。そこで出会った芝本産業は貿易事業やソフトウェアの販売など幅広く事業を手掛けていて、自分でも活躍できそうだと次第に興味を持ちはじめました。入社後は、ドローンで撮影した画像から3Dモデルを生成するソフトウェアやドローンソリューションの販売を行うといった部署に配属となりました。ここでの具体的な業務には新規顧客獲得のための営業活動、顧客サポート補佐やマーケティング活動といったものがあります。この他、アメリカとのテレビ会議や、メーカー担当者来日対応、マニュアルの翻訳など英語を使うチャンスが多く、当初より希望していたワークスタイルにマッチしています。
新人時代に多くの経験をしてもらうという会社方針の下、幅広く業務を担当させてもらっており、日々様々なスキルを得るチャンスがあります。一つ例を挙げると営業電話があり、業務を担当した当初は慣れないことで要領を得られず悪戦苦闘していましたが、何度もトライすることで現在はお客様に話を伺ってもらうためのコツを掴むことができました。これらのチャレンジングな経験は必ず将来の糧になると考えており、自分を成長させ磨きをかけるのに最適な環境だと考えています。
今後の目標は営業・販促業務を通して売上および利益を出してこの事業に貢献しキャリアを積んでいきたいと考えています。今はまだ新人として経験を積むことに専念する日々ですがいずれは業績を出してチームの戦力になれるよう精進していきたいと思います。

2007年入社 不動産事業本部

仕事と子育ての両立

限られた時間の中で効率的に仕事を進め、家庭も大切にしながら生き生きとした生活を送っています。

メッセージ

私は現在「時間短縮制度」を活用し、子育てしながら毎日の業務を行っています。仕事量など融通を利かせてもらっているとはいえ、他の社員と比べ1日1時間、月間では20時間以上差があるため、短い時間の中で仕事をこなしていくのはなかなか大変です。そのような中、私が仕事をする上で大切にしていることは「優先順位」をつけていくことです。突発的な業務が多く、なかなか予定していた通りに仕事が進まないことが多いですが、家事で培ってきた手際の良さを活かし日々奮闘しています。
また、会社自体も働きやすい環境づくりに力を入れており、入社当初よりもかなり制度が整ってきています。例えば休暇は「全日休み」、「半日休み」、「時間単位での休み」と3種類あります。私の場合は子供の学校の都合で4時間早く退社したいとき等、以前は一日休みを取らなくてはいけなかったところ、時間休みを取得することができるようになり、より効果的に仕事とプライベートのバランスが取りやすくなりました。そうした制度が整ったからか、昔に比べて子育てをしながら働く人や、一度結婚して退職をした人が復帰するケースも増えてきました。この恩恵を受け、私自身も子どもの行事に参加しやすくなり、家族との時間も十分に過ごすことができています。また、仕事面でも更なるキャリアアップを目指して勉強する時間も確保できるようになりました。子育てと仕事、そして勉強と体力的にも大変ではありますが、がんばり過ぎないように心がけております。
今後は自分の経験を活かし、未来を担う若い世代の人が働きやすい環境づくりに貢献できればと思っています。

2011年入社 札幌営業所

北の大地で奮闘中

これから自分たちで作り上げていく未来を楽しみに、日々仕事に励んでいます。

メッセージ

私は入社4年目に札幌営業所に赴任しました。札幌は縁もゆかりもない土地で、ほとんど「ゼロ」からのスタートだったため、会社の看板を背負い一人でやっていけるのか当時25歳だった私はとても不安な毎日を過ごしていたのを覚えております。北海道という新しい市場に飛び込んでいくことは決して簡単なことではなく、しばらくは少ないチャンスをいかに仕事へ繋げていくか必死の思いで営業をする日々でした。こうした中、北海道という土地の特徴として≪人≫に仕事がついていく文化があることに気付き、まずは自分自身を知ってもらうことや、人としての魅力を磨くことに力を注いでいくようになりました。特に私なりに意識してきたことは「相手が求めていることに対しスピーディーに応える」ということで、様々な質問や要求に全力をもって対応を続けることで、徐々にお付き合いして下さる取引先も増えてきました。この流れの中、当初は「お客様のために」と必死でしたが、やがて「お客様に育てて頂いている」と気付き、より一層仕事に身が入るようになりました。
赴任前に携わっていた仕事は古くから大切に受け継がれてきた大きな仕事で、緻密でプレッシャーも大きかったことから、なかなか自分の色を出すことができていませんでしたが、今は北海道という広大な地で自分らしさを発揮することに喜びを感じています。5年が経った今、当所は4名体制となりました。嬉しいことに当社を知って下さる方も当時より格段に増えてまいりました。しかし私はこの状況に満足せず、今以上に取り扱える品種を増やし、どんな商材でも「芝本産業に聞けばわかる」といわれるまでにしたいと考えています。そのためには新たな分野への取り組みも必要になりますし、営業エリアも更に多方面へ目を向けていかねばなりません。
今後はこうしたことも念頭に若い社員のフレッシュな意見を聞きながら、時代の流れに沿った商売を増やしていきたいと思います。

一日の仕事の流れ

  1. 08:30

    ドローンチームでは、シリコンバレーにある3DR社と朝からスカイプミーティングをして、朝の時間を有効活用しています。

  2. 09:00

    出社後、身の回りの掃除、整理整頓をして一日が始まります。スケジュールをしっかり確認して、安全な運転を心がけて、出発です。

  3. 10:30

    困ったときにはすぐ近くに頼れる上司がいます。当社では、ワンフロアという強みを生かして、横(=課内)と縦(=上司)のつながりを大切にしています。社内であっても顔を合わせて会話することはとても重要なコミュニケーションとなっています。

  4. 11:00

    客先が遠方にあることが多いスリング営業部。今日は外出の前に、お客様にベストな提案ができるようじっくりと打ち合わせをしています。チームで情報を共有し、万全の準備をして臨みます。

  5. 13:30

    鉄鋼メインに取り扱う商社ですが、浦安市に倉庫があります。特殊鋼課では、事務所側と倉庫側で連携ミスがないように、密に連絡をとりあっています。いつものスムーズなデリバリー対応はこうした小さな積み重ねから出来上がっています。

  6. 15:00

    定時まであと少し。疲労がたまってきたところで小休憩の時間です。同僚とたわいのない会話をして、心も体もリフレッシュ。気合を入れて残りの業務にとりかかります。

  7. 16:00

    サロンにて来客対応です。テーブルやイスなども、「できることは自分たちでやる」当社社員のチョイスで、たくさんのこだわりがつまっています。会議前のちょっとした話のネタにもなります。

  8. 17:30

    今日はワンコイン飲み会「芝本サロン」の開催日です。和気あいあいと盛り上がっています。普段できない話をしたり、新たな一面を発見できたりとても貴重な場です。ここから意気投合して、二次会に行く人もちらほら…。楽しく一日を終えれば、次の日のやる気もUP間違いなしです。

採用情報

RECRUIT INFO

『あなたの持ち味を活かせる場所がきっとある』