100周年に向けて

2016年7月1日

2017年7月1日、当社は創立100周年を迎えます

私たちはこの日を単なる通過点としてではなく、今後私たちがどのような企業になるべきかを改めて見つめ直し実行に移していくステージととらえ、新たに迎える次の100年の安定的・持続的な成長へとつなげていかなければなりません。そこで2015年9月に「100周年推進室」が組織され、11月には若い社員を中心にその推進室の下で様々な目的・行事に対応する「イベント委員会」が始動しました。そして、イベント委員会が中心となり記念ロゴマークとキャッチフレーズが決定しました。
 

 

記念ロゴマーク、キャッチフレーズへ込めた想い

社名の頭文字である「S」を社員の身体に見立て、次の100年へスタートダッシュをかける躍動感と更に先へ継続させる想いを表しました。コーポレートカラーの「青」をベースに、社員の熱い思いを「赤」で表現しています。

キャッチフレーズは、短くても更なる先を見据え踏み出していく力強さを表しています。

 

ロゴマーク、キャッチフレーズの作成にあたり

社員の皆さんに100周年記念事業をもっと身近に感じてもらうためにロゴマークとキャッチフレーズを公募した結果、全国の社員から応募がありました。

東京の事務所では、就業時間後に実際に応募作品を見てもらい、一堂に会し軽くお酒の入った雰囲気で投票してもらいました。

その後、人気投票で1位を獲得した作品にアレンジを施し、最終的に上記のデザインに決定しました。

100周年という会社にとって重要な位置付けということもあり、当初は業者に外注する案もありましたが、「やれることは自分達でやる」をモットーに社員の皆さんの可能性を信じて最後まで自分たちで作り上げることが出来ました。このような結果を出せたことは本当に素晴らしいことであり、このご時勢のなか自信をもってオリジナルデザインと胸を張って言えると思います。

今回決定したロゴマークとキャッチフレーズは、さっそく会社の名刺にも採用されました。

今後も100周年に向けての様々な活動を行っていきますので、このページを通して紹介させていただきます。

 

このページのトップへ