芝本ソリューション

特長

~簡単フライト~

簡単設定で自動フライトを実現

  • 直感的なタブレット操作で簡単フライトプラン作成
  • 飛行高度やラップ率の数値を入力
  • 対象物に合わせた豊富なフライトパターン
  • ICT法面工の出来形計測に対応したバーティカルモード
  • 過去のフライトデータやGCPセット、図面データ(CAD、PDF)を重ねて飛行計画

~自動画像処理~

クラウドで撮影データを高速処理

  • フライトアプリからクラウドソフトウェアがシームレスな連携
  • オルソ画像・点群データの自動生成
  • フライトデータから高精度モデリング
  • AIを利用したGCP自動検知機能で作業時間を大幅削減
norimenbelow

~データ解析~

計測機能や進捗管理、報告資料に活用

  • 計測ツール

2D・3D上で体積、距離(スロープ)、角度などクリック操作で簡単に算出

  • 標高データ

等高線算出、ヒートマップ表示

  • 切り盛り計算

3D CADや過去のフライトデータと重ね合わせて土量分布表示

  • データの重ね合わせ(レイヤー機能)

GCPセット、CAD、PDFなどのデータとフライトデータの重ね合わせ

heatmap
pdfoverlay

~書き出し・共有~

豊富な2D・3Dデータ

  • 各種データのアップロード

設計図面(PDF、2D CAD、3D CADなど)とフライトデータの重ね合わせ

  • ダウンロードと共有

各種処理データのダウンロード・共有が容易

  • 出力ファイル形式

オルソ画像(.tiff)や点群(.las, .laz)、等高線(.dxf)等の拡張子に対応

~他のクラウドサービスとの連携~

CADやGISに対応

  • ArcGIS Onlineとの連携

Site Scan上からフライトデータ等をArcGIS Onlineへ直接書き出しが可能

※ArcGIS Onlineアカウントが別途必要となります。

  • Autodesk BIM 360との連携

その他のAutodesk社ソフトウェアとの親和性あり

要素

クラウド

AWSを活用した安全性と利便性の高いクラウドシステム、それがクラウドです。自社(オンプレミス)でのサーバーやデスクトップソフト運用にはセキュリティ維持コスト、導入コスト、運用コストなど様々なコストがかかり、限界があります。予算の限界を迎えたサーバーシステムは、セキュリティ低下に繋がる恐れがあり、非常に危険です。しかし、クラウドではAWSのサーバーでデータを保管することにより、常に最新で幾多のセキュリティシステムの下、ユーザーの重要なデータを守ります。そしてネット環境があればいつでも、どこでもデータにアクセスでき、ユーザーを煩わせません。

※AWS・・・Amazonのクラウドサービス

ドローンフライトプラン簡単設定

Site Scan for ArcGIS Flight Planningでのスムーズな操作によって、全自動かつ高精度な空撮を可能にしました。ユーザーはアプリ内でシンプルな設定をし、タップするだけ。あとはドローンが自動的に高品質なデータを収集してくれます。フライトパターンを数種類ご用意しており、様々な用途や状況で運用できます。勿論i-Constructionの基準を満たすフライトの設定も可能です。建設業界のユーザーにご好評いただいております。またDJI機種にも対応しており、幅広いユーザーにご活用いただいております。

無制限のデータ処理・管理

SSMscreen

ブラウザで操作をするSite Scanマネージャーは非常に優秀なソフトウェアです。空撮で収集した画像データをSite Scanフィールドを通してクラウド上にアップロードするだけで、自動的に2D・3Dデータを生成します。そのデータを基にシンプルな操作で必要な情報をいつでも入手することが出来ます。勿論、複数の拡張子での出力が可能です。さらに点群データの表示、縦横断の計測、対空標識(GCP)の自動認識など機能が充実していることに加えて、機能は日々進化しており、他に類を見ない高機能なソフトウェアです。Site Scanマネージャーでは、現場毎のデータを一元管理し、そのデータへのアクセス権限をコントロールすることで、スムーズかつ安全なデータ共有を可能とし、著しい生産性の向上が期待できます。

アプリ構成と対応機種

Site Scan for ArcGIS Flight (フライトアプリ)

kihongamen
詳しくはこちら

Site Scan for ArcGIS Manager(Webアプリ)

sitescanmanager
詳しくはこちら

対応機種

  • 3DR H520-G
  • 3DR Drone
  • DJI Phantom4 Pro V2
  • DJI Phantom4 Pro
  • DJI Phantom4 Advanced
  • DJI Phantom4 RTK
  • DJI Mavic Pro
  • DJI Mavic2 Pro
  • DJI Inspire2
  • DJI Matrice 200
  • DJI Matrice 200 V2
  • DJI Matrice 210
  • DJI Matrice 210 V2
  • DJI Matrice 210 RTK
  • DJI Matrice 210 RTK V2
    ※ 順次拡充予定

導入業界・用途

平成28年度から始まった国土交通省の新たな取り組み「i-Construction」では、測量・設計・施工・管理・完成検査にいたる全てのプロセスにおいて、現場の生産性向上を目的とした情報化を目指します。FJAS(富士ピー・エス、ジャパン・インフラ・ウェイマーク、エアロダイン、芝本産業)コンソーシアムによる令和2年度PRISM(官民研究開発投資拡大プログラム)では、Site Scan for ArcGISを用いて3Dデータをクラウド管理し、企業内・発注者間での情報化を図り、一定の評価を得ました。Site Scan for ArcGISで生成したデータは、国土交通省のデータプラットフォームへ対応します。

高精度空中写真測量技術「精度ばちばち君(Post Processing Kinematic 後処理キネマティック方式)」は、大林・芝本産業コンソーシアムによる令和初年度PRISM(官民研究開発投資拡大プログラム)の成果が認められ、令和2年3月に国土交通省が発表した『空中写真測量を用いた出来形管理要領(土工編)(案)』の改定に伴い、「カメラ位置を直接計測できる手法」の一つとして、標定点の設置を省略することができるようになりました。

国土交通省より令和2年3月に発表された『点検支援技術(画像計測技術)を用いた3次元成果品納品マニュアル【橋梁編】(案)』に基づき、今後3次元成果品の納品が現実的なものとなってきます。なかでも写真から3Dモデルを生成し、3Dビューアでの再現が想定されています。Site Scan for ArcGISは、3Dモデルの生成(自動フライトアプリ込み)から3Dビューア機能までを揃えたソリューションとなっています。大手インフラ点検会社様にてご採用いただき、点検分野において現在急速に広がりを見せています。

令和2年度、国土交通省が新たに ICT法面工(吹付工・法枠工)の UAVを用いた出来形計測を定めました。芝本産業では、UAV操縦者と現場作業従事者の労力軽減を目的に Site Scan for ArcGISを使用し、高精度な法面測量が可能なICT技術を確立しました。災害対策・復旧(国土強靭化)が増大する中で、弊社では平成31年度内閣府オープンイノベーションチャレンジでの産学官が連携した災害査定の迅速化の取り組みへ参画した経験を活かし、地域に根差したICT活用のご提案を行っております。

Site Scan for ArcGISの土量計算機能の活用法として、在庫管理を目的に大手製鉄会社様でご使用していただいております。これまでの管理方法に比べて、クラウド上の3次元データは視覚的にもリアルな形で在庫の確認が行えるため、関係者との情報共有にもご活用頂いております。縦横断図の確認機能や、3D CAD(Land XML)重ね合わせ機能による図面と現況データの比較も重宝頂いております。また、GCP処理によるフライトデータの補正を行うことでより正確に土量変化を管理することも可能です。Site Scan for ArcGISでは、AI技術を利用したGCPセットの自動検知機能を搭載しており、補正作業もスムーズに実施することができます。

検証報告

法面工

法面における点群データの取得を行いました。Site Scan for ArcGIS独自の「バーティカル」でのフライトを行い、「精度誤差±1cm以下」の高精度なデータの取得に成功しました。詳しくはこちら

GCPレス

kennsho210812

Klau PPKシステム x Site Scan for ArcGISを用い、国土交通省基準に則した検証点での計測精度基準値±5cmを満たすことを確認できました。

導入事例