芝本ソリューション
4月 11

重要:
無人航空機の登録制度が始まります

背景

2020年の改正航空法に基づき、2022年6月20日より新たに「無人航空機登録制度」が適用されます。ここ数年で、個人から産業分野まで様々なフィールドに活躍の場を広げてきた無人航空機ですが、不適切な飛行事案が発生した際の持ち主の特定が難しく、適切な対応を所有者にとることができないことが問題視されていました。測量・点検・調査を始め、最近では物流やオリンピックの警備に無人航空機が使用されるなど、利活用される場面が増加傾向にあり、それに伴って所有者の特定の重要性も大きくなってきました。

 このような背景から「無人航空機の利活用拡大における安心安全の確保のため」、新制度が施行されることとなりました。

概要

概要は以下の通りとなります。

1.これまでのDIPS(ドローン登録システム)やFISS(ドローン情報基盤システム/飛行情報共有機能)とは異なる新たなシステムとなります。そのため、DIPSに登録を済ませている場合も別途登録が必要となります。

2.2022年6月20日以降に無人航空機を飛行させる場合は、機体の識別のために「登録番号の表示」と「リモートIDの搭載」が必要となります。

※2022年6月20日までに機体を登録すれば、3年間リモートIDの搭載が免除となります。現時点でDJI社からリモートIDに関するプレスリリースはございません。DJI社製の機体をご使用の方は、必ず2022年6月20日までに登録を済ませていただきますようお願いいたします。

3.登録対象となる機体が「重量が100g以上のすべての無人航空機」になりました。

※従来は「重量が200g以上のすべての無人航空機」でしたが、新制度で変更となりました。これにより、無人航空機に当てはまらないものを除き、マルチコプター、回転翼、固定翼すべての無人航空機が登録対象となります。

4.登録手数料がかかります。

【本件に関する問い合わせ先】
ソリューション事業本部 TEL:03-3553-1122

詳細につきましては、下記の国土交通省無人航空機登録システムのホームページをご確認ください。

https://www.mlit.go.jp/koku/drone/

また、弊社では定期的にメルマガ(無料)を配信しております。最新の製品情報、業界情報などを入手されたい方はぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら