芝本ソリューション
2月 02

Tips:Fleet Management
(機材管理)の活用

Site Scan for ArcGIS Managerの管理機能であるFleet Management(機材管理)が新しくなりました。ダッシュボード(Dashboard)では組織の管理者はダッシュボードタブから全フライト情報の確認が行えます。機材、ミッション、パイロット情報の把握が可能です。

パイロット

pilotdashboard

パイロットプロフィールはSite Scan for ArcGISのオペレーターライセンスと連動しており、アプリ内での実行操作が同時に更新されます。また、パイロット管理の一環として無人航空機の飛行許可証などの書類データをアップロードし管理が可能です。パイロットのヒートマップ表示することでエリア毎に適切にパイロットの派遣を行えます。

機材管理

ドローン

dronedashboard

Fleet Management(機材管理)のAircraftタブではドローンの飛行回数・時間などのデータを確認することができます。ドローンの点検履歴や修理箇所などの書類をアップロードしておけば、ドローンの一元管理が可能です。適宜、メモ欄も活用しましょう。Site Scan for ArcGIS Flightの対応機種であれば自動的にリストへ追加されますが、非対応機種の場合でも手動で追加可能です。機体ごとに管理しやすいように名称変更をして、Site Scan for ArcGISで全体的な機材管理を始めましょう。

バッテリー

batterydashboard

ドローンのバッテリー情報も同様に記録されます。Site Scan for ArcGIS Flightでフライトするたびに自動更新されます。 Site Scan for ArcGISに関わらず登録ができるので、全体的なバッテリーの使用状況を把握し、交換時期を適切に判断することができます。

アクティビティ履歴

activitydashboard

アクティビティタブでは最新のフライト履歴を、パイロット、ドローン、プロジェクト、日付毎に表示します。ソート表示することで見たいデータを確認することができます。

Fleet Management(機材管理)を活用することで、ドローンやバッテリーなどの機材やそれに関わる書類管理が実現し、プロジェクトデータと併せて全体管理が可能となります。 是非トライしてみてください。

【本件に関する問い合わせ先】
ソリューション事業本部 TEL:03-3553-1122

また、弊社では定期的にメルマガ(無料)を配信しております。最新の製品情報、業界情報などを入手されたい方はぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら