芝本ソリューション
7月 28

フライトの事前計画

Site Scan Flight Planningで、フライトを事前に計画

 Site Scan Flight Planningでは、現場に行ってプランを組むことが一般的な使用方法となっておりますが、現場に行く前に事前にプランを組むことも可能となっております。メリットとして、以下のことが挙げられます

1.フライト時間の目安がわかる(作業計画が立てやすくなる)

2.現地でのフライト計画の時間を減らすことができる

3.電波の入らない場所の地図データをあらかじめダウンロードできる

また。PDFやGCPをアップロードしておくことで、それらと重ね合わせながらフライトプランを組むことが可能となります。

※ローカル座標系を使用する場合は事前アップロード不可能

事前飛行計画の手順

1.プロジェクト作成

1.Site Scan Flight Planningを開くとプロジェクト一覧が表示されるので、一番下にある「新規プロジェクト作成」をタップします。

2.フライト名入力

2.組織名とプロジェクト名を入力後、作成したいフライトパターンをタップし、フライト名と飛行場所を入力します。

3.フライト設定・保存

3.フライト範囲、飛行高度等を設定した後に、画面右上のフライトプラン保存を押してプランを保存します。

※事前にPDFやGCPをアップロードした場合は、フライト設定のオーバーレイにチェックを入れて表示させて下さい

PDFやGCPデータのアップロード方法についてはこちらからご確認いただけます。