時間の使い方(自動車グループ)

2017年3月31日

 近頃新聞やニュースでは、過剰労働や深刻化する人手不足が問題視され生産性の向上や働き方改革がとりだたされております。当社でもサマータイム制度の導入やNO残業DAYの呼びかけをするなどして、社員が効率よく仕事を進め公私ともに充実した日々を送れるような制度を取り入れるようになりました。私自身も仕事の優先順位を考え順序立てて進行することや、整理整頓を心がけ書類を探す手間を少しでも省けるようにするなど小さなことでも工夫をして効率よく仕事ができるように努力しています。またひとつひとつの仕事に制限時間を定めて取り組むことでスピードアップをはかり作業時間を短縮できるような意識づくりにも挑戦しています。このようにして計画的に行動することで、アフター5と呼ばれる自分の時間も十分に興味の幅を広げる時間として過ごすことができています。

 オフの時間の過ごし方は千差万別ですが、私の場合は学生時代から続けているバレーボールをしたり、プロの試合を見に行ったりしています。また趣味であるクロスステッチという刺繍をすることもあり、いろいろな作品を作って余暇を楽しんでいます。

5年がかりの大作

 

好きなキャラクターを・・・

 趣味だけではなく大学時代に専攻していたスペイン語や苦手意識のある英語の勉強やペン字の練習などに励み自分磨きの時間にあてています。趣味を楽しんだり、興味のあることに挑戦することで気分もリフレッシュでき、翌日の仕事への活力へとつながっているように思います。社会人になると一日の大半を仕事が占めてしまいがちですが、より良い仕事をするためにもオンオフの切換えをし、良いサイクルを作れるように時間の使い方を考える事の大切さを感じています。

 これからは労働時間や終業後の時間についてますますスポットが当たるようになると思うので、これをきっかけにして仕事でもプライベートでも自身がレベルアップできるような時間を過ごしていきたいと思います。

このページのトップへ