沿革

大正6年7月 芝本秀三郎が大阪に芝本商店を創業
大正8年4月 合名会社となる
官営八幡製鐵所との取引権獲得
昭和12年5月 株式会社芝本商店となる
昭和18年4月 社名を芝本産業株式会社に変更
昭和23年4月 日本製鐵(株)の指定問屋となる
昭和25年11月 本店を大阪から東京に移管
昭和36年4月 (株)内外製鋼所を吸収合併する
昭和37年6月 資本金を315百万円に増資
昭和39年6月 建設業許可(大臣許可)取得
昭和42年6月 芝本ビル(旧本社ビル)竣工
昭和45年4月 新日本製鐵(株) (現 新日鐵住金)設立と共に、指定商社となる
昭和46年12月 湊ビル(賃貸事務所用)竣工
昭和47年11月 フナボリゴルフ練習場オープン
昭和56年10月 船堀第一ビル(ダイエー)竣工
平成3年3月 米国フォードグループに資本参加
平成6年3月 芝本ビルリニューアル
平成17年12月 青島邦達馬包装機械有限公司設立
平成18年8月 ツインパススリング浦安事業所竣工
平成22年2月 資本金を100百万円に減資
平成24年7月 芝本ビル建替えにより本社を仮移転
平成26年4月 HSB鐵砲州新本社ビル)竣工

このページのトップへ